筋トレ女子必見)サプリ『HMB』とは何か?疑問にお答えします

サプリメント

HMBは筋トレ女子に絶対オススメです!有名な女優さんやモデルさんも愛用しているようで、
名前だけは聞いたことがあるという方もいるのではないですか?

この記事を読んでいる方はトレーニング又はダイエットを通して『HMB』とは何ぞや?どんな効果があるの?と思われ辿り着かれたのかなと思います。

ズバリ『HMB』とはタンパク質が体内で分解されたものの一種です。

摂取すると

「筋肉量の維持」

「筋肥大」

「脂肪量の減少」

に効果があります。

ここからはHMBを摂取するメリットとデメリットも合わせて、

詳しく解説していきます。

HMBとは

HMBとは必須アミノ酸の一種「ロイシン」の代謝産物です。

この説明で理解できる方は少ないですよね。

さらに掘り下げると、筋合成(筋肉の修復)にはタンパク質が必要です。

このタンパク質はアミノ酸の集合体です。

タンパク質の中のアミノ酸には「BCAA」(バリン、ロイシン、イソロイシン)と呼ばれる分岐鎖アミノ酸があり、BCAAは筋トレで傷付いた筋肉の筋合成(筋肉の修復)を促す

効果があります。

トレーニング中に摂取されている方もいますよね。

つまりはBCAA筋肉に良いってことです。

このBCAAの中でも

1番筋合成(筋肉の修復)を促す効果

があるのがロイシンです。

筋肉を修復してくれるアミノ酸の中で最も偉いロイシンが分解されたもの

それがHMBです。

では何故HMBがこんなにも愛用されているのかというと

女性が飲むことのメリット

まずはじめに、HMBは摂取したからといってダイエット効果が期待できる訳ではありません。トレーニングと並行して摂取することで力を発揮します。

商品の口コミの中に、毎日飲んでいるけど効果が無いと言っている方がいますが、大半はトレーニングをしていない方です。

トレーニングをするつもりが無い方は摂取するのをやめましょう。お金の無駄です。

ここからは先はトレーニングをしている方、もしくはこれから始めようと考えている方、難しい話は抜きでメリットとデメリットをお話します。

 

筋肉量の維持

HMBは脳に「筋肉が疲れてるよ!早く回復してよ。」と命令を出します。

この命令があることでダイエット中でも筋肉を分解させずに回復してくれます。

筋肉を肥大させる

これはスタイルアップには欠かせませんよね。

HMBは脳に「筋肉が足りないよ。もっと大きくしてよ。」と命令を出します。

この命令があることで腹筋が割れて、美尻を手に入れることができます。

脂肪量の減少

これは筋肉量の維持と筋肉の肥大による相乗効果です。

食事制限だけのダイエットをした場合、リバウンドがあることは常識ですよね。

これは体内で不足したエネルギーを、筋肉を分解することで補っているからです。

つまりは筋肉量が減っているのです。

一日の消費カロリーは筋肉量に左右されます。なので筋肉量が減ってしまうと太りやすくなるのです。

リバウンドをしない体つくりをするためには、

しっかりとトレーニングをして、筋肉量を維持しながら脂肪だけを減らすことです。

そのお手伝いをしてくれるのがHMBです。

HMBを摂取することで筋肉量を維持して脂肪を優先してエネルギーとします。

なので筋肉量は維持したまま脂肪量を減少させることができるのです。

デメリット

デメリット特にありません。

HMBはタンパク質なので元から身体にあります。なので副作用もありません。

しいて言うならお金がかかることぐらいですかね。

HMBの摂取量と効果的な飲み方

摂取量

HMBの一日の摂取量は1.5g~3.0gが良いとされています。

近年身体の小さな女性でも、3.0g摂取すると摂取しない時と比べて2.5倍の効果があることが分かりました。 なので女性でも3.0gを目安に摂取しましょう。

効果的な飲み方

HMBの効果を発揮させるためには、HMBの血中濃度が一日中高い状態にさせておきましょう。

3.0gを摂取するなら一度に摂取するより3回くらいに分けて摂取すると効果的です。

1番効果がある時間帯はトレーニング1~2時間前です。

なのでトレーニングする日は朝、トレ前、寝る前。

トレーニングしない日は、朝、昼、寝る前がおススメです。

 

トレーニングする人は全員摂取した方が良いの?

トレーニングされている女性の方全員におススメです。

トレーニング以外にも何か体を動かすスポーツをやっている方にもオススメです。

筋肥大を敬遠される方もいるかとは思いますが、

男性と違い女性の場合は、トレーニングをしてもマッチョにはなりません

コメント

タイトルとURLをコピーしました